いつかは住みたい広い庭付きの純日本家屋

生活的な利便さで行けば、勤務先までそれほど遠くなく、周辺に商業施設や公共施設の充実している立地に立つマンションが良いとは思うんですよね。
マンションなら気密性が高いので、冷暖房費用も抑えられますし、プライバシーも守られますから。

でもやはり憧れるのは郊外で広い庭を持つ一軒家です。
一番問題になるのはもちろんお金の問題ですよね。住宅ローンで一軒家を買うのは非常に大変ですよね。
建物だけでなく土地を買わないといけないので、マンションに比べたら全然お金が違います。
額が額だけにカードローンでまかなうなんて馬鹿な話って言われるかも知れませんが塵も積もればなんとやらでカードローンだって大切なローンの一つですよ。
カードローンに必要な物・・http://xn--q9j1gpd8f4a3cc1396gec9adjyc.xyz/

通勤に片道2時間とかかかるようでは困るので、通勤可能な範囲内に勤め先があるか、完全にリタイアしてからになるでしょうけれど、庭で四季折々の草花を育てたり、旬を楽しむための味見程度の量で良いので、家庭菜園をしながらゆったりと暮らしたいですね。
庭が広くて隣家との距離もあれば、庭先でバーベキューも楽しめそうですし。

せっかく戸建て住宅に住むのなら、囲炉裏のある古民家風の家が良いです。
夏なんかは暑くて使えないでしょうけど、寒い季節に囲炉裏で暖を取りつつ、鍋をつついて団らんするのも楽しそうですよね。
マンションにしか住んだことがないため、畳や床の間のある和室に対する憧れもあります。

木の特性を活かして耐久性を上げたり、釘を使わずに作る職人の技とか、余分な湿気を吸いつつ乾燥してきたら適度に放出する性質を持つ屋根や床板や壁土、風通しをよくするための欄間の細工等はただ見ているだけでも飽きませんし、古の技をふんだんに盛り込んだ日本家屋は、年月が経って見た目が古くなったとしても、機能としての衰えは少ないそうですしね。

風通しを良くしてあるぶん冬は相当冷えて、火の気がないと屋内でも水が氷るとか聞きますけど、それでも勤め先のことさえなければ今すぐにでも探しに行きたいくらい憧れています。
何年先になるかは分かりませんけど、いつかは広い庭付きの純和風家屋に住みたいですね。

未分類

Comments are closed.