専業主婦になり、自由なお金がなくなったことへの不満

私の結婚は夫の「海外赴任」がきっかけでした。
現在の夫とお付き合いを初めて7年、そろそろ結婚したいわたしの耳に飛び込んできたニュースは彼の海外赴任。
それをきっかけに私たちはゴールインしたものの、わたしはそれまで勤めていた制作会社を退職し、異国の地で専業主婦になったのでした。
駐在妻はビザの関係上仕事をすることができません。独身時代は稼いだお金は自分で管理していた生活だったため、専業主婦+仕事をしたくてもできない
状態は大変なストレスになりました。
例えば、街を歩いていてショーウィンドウに気に入ったワンピースを見つけたとき。ネットサーフィン中に素敵なピアスを見つけたとき…
今までのわたしはなんと自由にそれらを手に入れられていたことか!今やわたしは主人の顔色を伺い、機嫌が良い時を見計らってお願いをし自分の好きなものを手に入れるしか方法はありません…。それ自体、わたしにとってはとても気が引けるこのなのです。
もしくは、日々の家計簿を少しだけ上乗せして書いて、余ったお金でやりくり…(ごめんなさい!)さらには主婦でも借りれるキャッシングに手を出したりとか。。。
もともと、自立心の強かったわたしには働くこと、お金を稼ぐことは楽しいものであり、夫の稼ぎの中でやりくりせざるを得ない専業主婦は全く向いていないということが分かりました。仕事をしていない、お金を稼いでいないとなんだか自分の存在価値まで奪われてしまったような感覚です。
家事をしながら夫の扶養内でのんびりお気楽主婦、が気持ちよくできればいいのですが、わたしには到底できそうもありません。

未分類 , ,

Comments are closed.