誰に借りても結局は同じ。お金を借りる事は大変な事です。

イロイロな意見はあると思いますが、やはり私はお金を借りると言う行為は反対です。
勿論、どうしても借りなければいけない場面も当然あると思います。
それは、家を購入する時。
この時は、さすがに一括で買える人は殆どいないと思います。
その為、住宅ローンという形で家を購入します。
これに関して言えば、お金を借りる事に対して反対の私も仕方のない事だと思います。
しかし、それ以外の場合では基本的に反対です。
車を買う時に関しても基本的には反対です。
勿論、車を購入する際は多くの方がローンを利用すると思います。
私の主人も以前はローンで車を購入していました。
しかし、そのお金を借りた先は、金融会社などでは無く義理の両親。
両親から借りたのであれば、なあなあの関係で返済も簡単だと思う方も多いかもしれません。
ですが、実際は逆です。
金融機関であれば、お互いにきちんとしたルールもあり返済計画をきちんと立てる事が出来ます。
それに比べ、両親から借りてしまうと遠慮がありません。
返済計画を、生活の変化に応じて調整する事も出来ず、ただひたすら返していくしかありません。
私は、そこで本当にお金を借りる事は大変な事だと身に染みて気づきました。
こんな事が2度と起こらないように、お金は借りたくありません。
次回車を購入する際は、現金で」買えるように貯蓄を頑張っていきたいと思います。

未分類

Comments are closed.