チャンスを逃さないためにお金を借りることはあります

借金をしない人に比べると、している人は利息分の損をしていることになります。なので、基本的にはお金を借りることはせず、手持ちの資金だけでやりくりしようと考えています。でも、「今お金が必要だ」というときはたしかにあります。気になっていた異性との飲み会に誘われた時、資格の勉強をしようと思ったときなど、「悠長にお金が溜まるのを待っていられない時」は借りてでもお金が欲しいと思います。

過去に消費者金融でお金を借りたことはあります。その時は給料が低かったので、給料を前借りする感覚で借りていました。給料が出たらすぐに返済をしていたので、利息はそれほどかかりませんでした。金利が18%と高めだったので、借りすぎると危ないと感じていました。延滞をせずに返済をしていたら、限度額を増額しませんか?という電話がかかってきました。限度額は30万円で、40万円まで上げられましたが、断りました。結局、5万円以上は借りることはなかったです。

10万円借りるとしたら、おそらく大手の消費者金融で借りると思います。大きな金額を借りるなら、金利が低い銀行の目的別ローン、フリーローン、カードローン、カードなしローンを選ぶと思いますが、10万円程度なら利息もそれほどではないので、手軽に借りられる大手消費者金融がいいと思います。「30日間無利息」といったキャンペーンをやっていたりするので、短期間で返済できれば銀行カードローンで借りるよりも特をする場合もあります。

カードなしローンが知られず安心~キャッシングは振込で!

未分類

専業主婦になり、自由なお金がなくなったことへの不満

私の結婚は夫の「海外赴任」がきっかけでした。
現在の夫とお付き合いを初めて7年、そろそろ結婚したいわたしの耳に飛び込んできたニュースは彼の海外赴任。
それをきっかけに私たちはゴールインしたものの、わたしはそれまで勤めていた制作会社を退職し、異国の地で専業主婦になったのでした。
駐在妻はビザの関係上仕事をすることができません。独身時代は稼いだお金は自分で管理していた生活だったため、専業主婦+仕事をしたくてもできない
状態は大変なストレスになりました。
例えば、街を歩いていてショーウィンドウに気に入ったワンピースを見つけたとき。ネットサーフィン中に素敵なピアスを見つけたとき…
今までのわたしはなんと自由にそれらを手に入れられていたことか!今やわたしは主人の顔色を伺い、機嫌が良い時を見計らってお願いをし自分の好きなものを手に入れるしか方法はありません…。それ自体、わたしにとってはとても気が引けるこのなのです。
もしくは、日々の家計簿を少しだけ上乗せして書いて、余ったお金でやりくり…(ごめんなさい!)さらには主婦でも借りれるキャッシングに手を出したりとか。。。
もともと、自立心の強かったわたしには働くこと、お金を稼ぐことは楽しいものであり、夫の稼ぎの中でやりくりせざるを得ない専業主婦は全く向いていないということが分かりました。仕事をしていない、お金を稼いでいないとなんだか自分の存在価値まで奪われてしまったような感覚です。
家事をしながら夫の扶養内でのんびりお気楽主婦、が気持ちよくできればいいのですが、わたしには到底できそうもありません。

未分類 , ,

彼女の要求がある時

基本的に、自分はお金がなければ、それなりにするという感じで、お金がとくに必要になるという事はありません。

例えば食事にしても、お金がなかったら、食べるのを我慢してもいいし、100円も出せば、インスタントラーメンでもなんでも手に入りますので気になりません。でも彼女ができるとそういうわけにもいきません。

夕食に一緒に行くとなると、牛丼屋っていうわけにはなかなかいかないのでファミレスや280円均一の居酒屋位には連れていくことになります。するとどうしても3000円以上かかってしまうので金欠なときにはかなり苦労します。

しかもどうしても行きたい旅行先があると彼女に言われたら、交通費、宿泊代もおごるしかないので10万円くらいかかってしまいます。そういう時はお金が必要だなーと痛切しますね。お金がないとどうしようもない感じです。

その場合は私は日雇いのバイトをガンガンします。寝る時間を働けば、基本倍くらいの収入になるので、働きます。丈夫な体に感謝しながらガンガン働きます。10日間で旅行代はまかなえますので、健康なうちはこんな生活を続けそうです。

未分類

旦那に内緒でプロミスで借りたお金

http://xn--r9j0gpd8f4a3cc1477dqlxb18zc3i3b.com/(旦那に内緒でカードローンを契約するならコチラがおすすめ!)

私は数年前に旦那に内緒でプロミスで借金をしました。知人にどうしてもと頼まれて仕方なくでした。この知人は消費者金融のブラックリストに載っていて自分では借りることが出来ないということでした。そしてこの人に頼まれて旦那にも内緒にしていました。頼まれていなくてもこんなことは旦那には言えないですが。元々旦那は消費者金融で借金をすることをとても嫌っていました。

きちんと1年で全額返済してもらいましたが、その1年間はとても苦しかったです。秘密にしているだけで心苦しいのに、旦那が消費者金融の看板を見て「こんなところで借金する奴の気がしれない」と言ったりしていたので余計に苦しかったです。

この経験から私はやはり家族に内緒で借金をするのはやめたほうがいいなと思いました。自分が心苦しいのもですが、もしバレたときには家族も傷つけてしまいます。それが原因で家族がバラバラになってしまうかもしれません。私はこれが一番怖かったです。

未分類 ,

総量規制対象外とか何がお得か考えすぎて疲れちゃう

総量規制対象外のローン~銀行のローンは総量規制の対象外!おすすめは?

お金に関わることは、雑誌や新聞、ネットにも沢山情報がありすぎて、結局何が一番お得なのかがわからなくなってしまいます。

お金を借りることが良いか悪いかについては、答えが出ないと思います。ただ、投資として回収の見込みのあるお金を借りることは、お金の正しい使い方なのではないかと思います。

問題は正当な金利や返済プラン、また救済策が用意されているかということだと思います。

闇金などで借りるのは、この条件からみて問題外でしょう。では、きちんとした手順を踏んで、お金のプロである銀行から借りる場合にはどうでしょうか。

取引をする銀行にもよると思いますが、上の条件を満たしていない銀行はそもそも信用を得られません。金利は高いけど、融資の条件が緩いなどのプランを出しているところもありますが、総合的にみて安全な借金だと言えると思います。

しかし今度は、どこの銀行からどのプランで借りるかなど、ちょっと前の携帯電話契約のような複雑でわかりにくい問題を検討しないといけません。

検討に次ぐ検討、キリが無くて疲れてしまいますよね。なので個人的には借金はせず、身の丈にあった生活が一番だと思います。

未分類

主婦と会社員両方経験してわかったお金の価値

女性であること、主婦であることでお金の不自由さを感じたことは沢山あります。まず、女だと自分の口座でありながら100万以上のお金を下ろそうとすると銀行員が必ず使い道を根掘り葉掘り聞いてくることです。

例えば・・・生活費を借りたいならコチラのローンが便利です

最近は少なくなりましたが、「ご主人はこのことを知っているんですか」という行員までいて不快でした。そして、夫にもよるのかもしれませんが、主婦の時は何か買うのにもいちいち「なぜそれが必要か」ということを説明して夫が納得しないと購入できず我慢が多く嫌でした。

会社員と主婦で大きく違うのは、やはりお金の使い道を自分で決められることです。臨時出費があっても、夫の顔色を伺うことなくお金を使えることは気分が違います。収入があって自由に使えるお金がある会社員と、ない主婦では自尊心の持ち方が違ってくると思います。夫の許可がないと買えない、という主婦の時はなんか自分がすごく力がない感じで落ち込みました。

女性であることでお金に関して得したことは、「負けて」と買うときに堂々と言えることです。男の人が値切るとケチとか、貧乏くさいといわれんすが、女性、特に主婦が値切ると「買い物上手」という評価になる点では得したと思います。

未分類

誰に借りても結局は同じ。お金を借りる事は大変な事です。

イロイロな意見はあると思いますが、やはり私はお金を借りると言う行為は反対です。
勿論、どうしても借りなければいけない場面も当然あると思います。
それは、家を購入する時。
この時は、さすがに一括で買える人は殆どいないと思います。
その為、住宅ローンという形で家を購入します。
これに関して言えば、お金を借りる事に対して反対の私も仕方のない事だと思います。
しかし、それ以外の場合では基本的に反対です。
車を買う時に関しても基本的には反対です。
勿論、車を購入する際は多くの方がローンを利用すると思います。
私の主人も以前はローンで車を購入していました。
しかし、そのお金を借りた先は、金融会社などでは無く義理の両親。
両親から借りたのであれば、なあなあの関係で返済も簡単だと思う方も多いかもしれません。
ですが、実際は逆です。
金融機関であれば、お互いにきちんとしたルールもあり返済計画をきちんと立てる事が出来ます。
それに比べ、両親から借りてしまうと遠慮がありません。
返済計画を、生活の変化に応じて調整する事も出来ず、ただひたすら返していくしかありません。
私は、そこで本当にお金を借りる事は大変な事だと身に染みて気づきました。
こんな事が2度と起こらないように、お金は借りたくありません。
次回車を購入する際は、現金で」買えるように貯蓄を頑張っていきたいと思います。

未分類